設計の工夫で暮らしやすく|立派な家を建てたいならコレ|注文住宅で大満足

立派な家を建てたいならコレ|注文住宅で大満足

一軒家

設計の工夫で暮らしやすく

つみき

狭い敷地が生かせる

狭い敷地を生かして快適な住空間を作るには、何と言っても注文住宅が最適です。設計の工夫で生活しやすい環境を整えることが可能なので、狭さを感じさせない家づくりができるのです。収納の確保には、階段下のスペースを活用したり、キッチンや洗面所にはデッドスペースが生じないよう工夫することができます。駐車場のそばに玄関を設け、雨の日でもれずに玄関から出入りできる動線を生むこともできます。玄関にはシューズクローク、リビングにはリビングクロークで大容量の収納を確保し、使い勝手の良さを向上させます。リビングの横には畳スペースを設け、家族がくつろげるゆとりの空間を作り出すことも可能です。たとえ不規則な形をした埼玉の土地であっても、自由設計のよさを活かした注文住宅による家づくりができます。

光を取り込む工夫

埼玉の注文住宅は、敷地の片側がふさがれている場合でも光を取り込む工夫ができます。暮らしにとって光は非常に大切なもので、住む人の健康にも影響を与えます。朝から心地よく光が入る空間は、設計の工夫で生み出すことができます。ポイントとなるのはリビングの位置と角度です。埼玉では1日中光が入る角度と位置を割り出し、多くの光が取り込めるよう、窓を大きく取るように設計します。断熱性の高い高機能ガラスを使用すれば、日々の光熱費も抑えられます。動きやすさの工夫としては、2階へあがる階段の位置は家のほぼ中央に作るよう設計すれば、二階のどの部屋にも短い導線で行くことができ、長い廊下が必要なくなります。このように埼玉の注文住宅は、便利で快適な家づくりが特徴です。